現代評論を読む A,B のWeb Page
LINE
秋田大学・医学部・医学科・社会環境医学講座・医科学情報学分野   中 村 彰


中央公論11月号(10月10日発売)


情報自由論 -- サイバーリバタリアニズムの限界  --
掲載頁:pp.268-277
連載:情報自由論(5回)
著者:東 浩紀(1971年生;哲学・表象文化論)
論考の資料:http://www.hirokiazuma.com/


9・11以降,共産主義ならぬテロリズムの亡霊が徘徊している。その亡霊に怯えるあまり,人々は「セキュリティー」の強化へと殺到している。
だからこそ,
  1. イデオロギーなきセキュリティーの暴走
  2. 価値観なき秩序の維持
  3. 理念なき情報技術の暴走
を警戒しなければならず,本連載の趣旨である。
必要なことは,そのような「暴走」が何故生じるのかという機序を知ることである。そのために必要な「思考の道具」として,
  1. セキュリティー化
  2. 環境管理型権力
  3. 多様性の層と情報管理の層の乖離
という4回までの連載で説明してきた「概念」が不可欠である。
再度,連載の「趣旨」を掲げる。「理念なき情報技術の暴走」を「知る」ことである。


情報技術の進展は,決して「理念なく」辿られてきたものではないことは明らかである(上記の趣旨と矛盾はしない!)。
連載の冒頭でも,1990年代半ばまでは,情報技術の進歩は,政治的にも経済的にも「より大きな自由」をもたらすものと信じられてきた。しかし,この数年でインターネットや携帯電話のような情報技術は,むしろ「人々の自由を奪うインフラ」として立ち現れつつある。来るべき自由を構想するとき,この「反転,乖離」の「意味」について考えることが重要である。
情報技術の何処に「限界」があったのか振り返るのが今回の目的である。


ハッカー文化の二面性
著者の計算機と情報通信に関する解説があるが,「不十分」である(紙面の関係上,仕方がない)。
ただ,興味のある表現は,「ハッカー(Hacker)」に対する捉え方である。その表現も紙面制限から十分ではないが,「コンピュータがもたらす社会変革の可能性を信じ,啓蒙や改良に身を捧げてきたエンジニアやプログラマ,いわゆる「ハッカー」たちがもつ独特の倫理や世界観が存在している」であり,「誤解のない十分な解説」が必要なところである。

計算機は「小型化」「高性能化」があって普及したのではないという判断は正しい。これらは,WWW, Linuxなどに貢献した「ハッカー」たちたちの夢がなければなかったことである。彼らがいなかったら,政府が大鑑巨砲主義的な数少ない「親計算機」を占有するような形態の「情報化社会」に生活していた可能性さえある。

独特の倫理や世界観
Hackerの語源は,多数の説明がある。決して 「乗っ取る」といった意味ではない
「何をやってもうまくいかない人」のことを指したのが学生言葉で流行したのだと想像する。即ち,天下の秀才が集まるMITで,与えられた(研究)課題に「 成果を挙げられない駄目な奴」という意味を込めて,「出来の良い学生がそのような学生に対してつけた「呼び名」」あるいは「(自嘲的に本人が自らを) (旨くやれない)不器用な奴という意味で表現した」と考えるのがスジが通っている。英語辞書の「Hacker」には,1)タクシーの運転手(kackie),2)素人の(計算機の)プログラマー,が3)計算機などに不正に進入する人,に加えて示されている。
 
  • 1950年代末のMITで誕生する。
  • 1960年代のHackerは多くが学生であった。大型電子計算機に搭載された新しい技術で作られたシステム(系)をいじくって改良し,新たな計算機の利用法を発見しつつ,仲間とその可能性の価値を分かち合う「共同体(community)」を形成した。往々にして,こうした「遊び」を行う連中は,本来の研究課題に邁進する人間ではなく,場合によっては「注目すべき成果が希薄な連中」もしくは「相当に優れた技量を持った者」であろう。「正常な成功者?」からすれば「落ちこぼれ(駄目な奴,Hacker)」であったことであろう。
  • 1970年代は,更に変貌を遂げる。1960年代の計算機は,個人が所有できる代物ではない。これを実現するのは,日本人の嶋正利(1998年京都賞)が1970年にIntel社で完成させたMicro Processing Unit(MPU)である。このIntel4004は1971年に製品として一般に販売され,これ以降,計算機が個人の所有物となる歴史的な契機となる。これを契機として,ハッカーたちの集団の構成とその活動の対象領域が格段に広がった。特に,東部から西海岸のCaliforniaに飛び火した活動は,Silicon Valleyの地でもありまた,当時のベトナム反戦の流れを汲むヒッピーや対抗文化(Counter Culture)運動とも相俟って反体制的な雰囲気がハッカーの伝統的文化観と結びつく。
  • ハッカー文化の2面性
  • プログラミングに特に執着して価値観を共有する
  • その技術は大衆と共有するべきものと考える
  • 計算機の技術とその普及が従来の社会体制を破壊するものと信じつつ,金銭的な成功を追及する
  • <反体制の匂いを維持しつつ同時にリッチになる魔法の選択肢が「ハッカー」になることであった>
  • 選良主義,大衆主義,反体制/理想主義,と同時に,現実主義(資本主義的)である。
  • 闘争の1990年代
    1990年代になると,現実の利用価値として,ハッカー以外の人々もその計算機と通信技術の可能性に気づく。情報通信技術に根ざす「新たな社会空間」の認知である。従来のアナログ技術に依存する法体系と随所で衝突する。1990年の「ハッカー一斉取締り」がおこる。
    Bruce Sterling, "The Hacker Crackdown",Indypublish.Com(1992)
    この取締りで,不当な捜査を受けたゲーム・プログラマーの訴えがあり,情報通信網を舞台とした言論の自由やPrivacyを守る市民団体「Electronic Frontier Foundation(EFF,電子フロンティア財団)」が設立される。この財団の設立は,次のような政府の政策に異論を唱える:
  • Digital Telephony法(法執行のための通信援助法(CALEA)」:Communicatios assistance for Law Enforcement Act(1994)
  • 通信品位法(CDA):Communications Decency Act(1996):1997年連邦最高裁で修正第一条(言論の自由)に抵触するとの判断が下る
  • 自動オンライン保護法(Children Online Protection Act(COPA))(1998):執行が延期
  • Clipper Chip:通信機器に組み込まれ,暗号化された通信の暗号鍵を政府が指定する鍵の依託機関に送信し私的更新の解読を行う装置で1993年のInternetの商用利用の年に構想されるが,種々の変遷を経て現在では構想自体が消滅
  • Steven Levy,"Crypto: How the Code Rebels Beat the Government Saving Privacy in the Digital Age", Penguin Putnam Inc(2002)
    情報技術革命とNew Economyの到来にあって,この新しい「情報インフラ」に対する法的な問題をしっかりと見据え,法廷闘争や啓蒙活動を地道に行ってきた点はハッカーたちの活動の極めて重要な視点である。
    但し,上述のハッカーの「二面性(大衆主義者であり,選良主義者であり,反体制的であり,資本主義的である)」という厄介な問題を抱えていることも重要な視点である。
    サイバー・リバタリアニズム(Cuber-Libertarianism:情報通信網の社会・世界での自由至上主義)
    ハッカーは国家による管理に反対する。
    民間企業による個人情報の収集にも警戒する
    市民の自由やPrivacyを最大限に尊重する。

    その態度は時に「左翼的」に見えるし,その立場から活動しているハッカーもいる。PGP(Prety Good Privacy)を開発したPhilipe Zimmermannは代表人物である。
    大多数のハッカーは,自由やPrivacyの擁護は,基本的人権というよりも,競争原理の徹底化と結びついている。
    情報技術の利用は,等しく個人に機会が保障されている必要があると主張するが,情報技術に精通したハッカーこそが新しい社会の勝利者であり改革者であるという「自負心」と表裏一体である。その新しい格差が生む新しい「社会格差(Digital Devide)」や経済的不平等の問題には以外に鈍感である。

    したがって,1990年代のハッカーたちの立場は,伝統的な左翼やリベラリズムというよりも,「自由至上主義」に近く,その活動の場が情報通信網を基盤とすることから,「Cyber-Libertarianism」と呼ばれている。
    1992年にIntel社を退社した,Timothy C. Mayは,「Cyber-Punk」「暗号無政府主義者」と呼ばれ中心的な論客である。「暗号用具」を使いこなす人は,他の人が免れない規制や税から逃げることができると述べている。端的に換言すると,暗号技術で武装した市民は,互いに自己責任で誰の干渉も受けず,モノやサービスや情報を交換しあう世界を夢想し,その結果,犯罪者やでて,情報弱者が不利益を蒙ってもそれは,教授すべきリスクであると考える。(おそらく,多くのハッカーに共通する思いかもしれない。)

    1995年の講演で,情報化社会を導く「理念」を「情報無政府主義」とし,その無政府主義には,Prudon的な社会主義の概念はなく,自由市場を推進する自由至上主義であると述べている。
    Timothy C. May, "Crypto-Anarchy and Virtual Communities"; Http://www.shipwright.com/anarchy.html
    サイバー・スペース=フロンティア
    このような米国にあるハッカーたちの思いは,米国の建国の精神に思いを寄せる独特の視線と関係する。自由至上主義はときに「開拓時代のフロンティア精神」に遡って根拠付けられる。Mayも「Cyber-Spaceの入植者」と表現しているが,先のEFFの設立者の一人である著名な歌手のJJohn Perry Barlow は1996年に「Cyberspace Independent Declaration(サイバースペース独立宣言)」を表している。
    http://www.eff.org/barlow
    Date: Fri, 9 Feb 1996 17:16:35 +0100
    To: barlow@eff.org
    From: John Perry Barlow <barlow@eff.org>
    Subject: A Cyberspace Independence Declaration

    Yesterday, that great invertebrate in the White House signed into the law the Telecom "Reform" Act of 1996, while Tipper Gore took digital photographs of the proceedings to be included in a book called "24 Hours in Cyberspace."

    I had also been asked to participate in the creation of this book by writing something appropriate to the moment. Given the atrocity that this legislation would seek to inflict on the Net, I decided it was as good a time as any to dump some tea in the virtual harbor.

    After all, the Telecom "Reform" Act, passed in the Senate with only 5 dissenting votes, makes it unlawful, and punishable by a $250,000 to say "shit" online. Or, for that matter, to say any of the other 7 dirty words prohibited in broadcast media. Or to discuss abortion openly. Or to talk about any bodily function in any but the most clinical terms.

    It attempts to place more restrictive constraints on the conversation in Cyberspace than presently exist in the Senate cafeteria, where I have dined and heard colorful indecencies spoken by United States senators on every occasion I did.

    This bill was enacted upon us by people who haven't the slightest idea who we are or where our conversation is being conducted. It is, as my good friend and Wired Editor Louis Rossetto put it, as though "the illiterate could tell you what to read."

    Well, fuck them.

    Or, more to the point, let us now take our leave of them. They have declared war on Cyberspace. Let us show them how cunning, baffling, and powerful we can be in our own defense.

    I have written something (with characteristic grandiosity) that I hope will become one of many means to this end. If you find it useful, I hope you will pass it on as widely as possible. You can leave my name off it if you like, because I don't care about the credit. I really don't.

    But I do hope this cry will echo across Cyberspace, changing and growing and self-replicating, until it becomes a great shout equal to the idiocy they have just inflicted upon us.

    I give you...
     

    A Declaration of the Independence of Cyberspace

    Governments of the Industrial World, you weary giants of flesh and steel, I come from Cyberspace, the new home of Mind. On behalf of the future, I ask you of the past to leave us alone. You are not welcome among us. You have no sovereignty where we gather.

    We have no elected government, nor are we likely to have one, so I address you with no greater authority than that with which liberty itself always speaks. I declare the global social space we are building to be naturally
    independent of the tyrannies you seek to impose on us. You have no moral right to rule us nor do you possess any methods of enforcement we have true reason to fear.

    Governments derive their just powers from the consent of the governed. You have neither solicited nor received ours. We did not invite you. You do not know us, nor do  you know our world. Cyberspace does not lie within your borders. Do not think that you can build it, as though it were a public construction project. You cannot. It is an act of nature and it grows itself through our collective actions.

    You have not engaged in our great and gathering conversation, nor did you create the wealth of our marketplaces. You do not know our culture, our ethics, or the unwritten codes that already provide our society more order than could be obtained by any of your impositions.

    You claim there are problems among us that you need to solve. You use this claim as an excuse to invade our precincts. Many of these problems don't exist. Where there are real conflicts, where there are wrongs, we will identify them and address them by our means. We are forming our own Social Contract . This governance will arise according to the conditions of our world, not yours. Our world is different.

    Cyberspace consists of transactions, relationships, and thought itself, arrayed like a standing wave in the web of our communications.  Ours is a world that is both everywhere and nowhere, but it is not where bodies live.

    We are creating a world that all may enter without privilege or prejudice accorded by race, economic power, military force, or station of birth.

    We are creating a world where anyone, anywhere may express his or her beliefs, no matter how singular, without fear of being coerced into silence or conformity.

    Your legal concepts of property, expression, identity, movement, and context do not apply to us. They are based on matter, There is no matter here.

    Our identities have no bodies, so, unlike you, we cannot obtain order by physical coercion. We believe that from ethics, enlightened self-interest, and the commonweal, our governance will emerge . Our identities may be distributed across many of your jurisdictions. The only law that all our constituent cultures would generally recognize is the Golden Rule. We hope we will be able to build our particular solutions on that basis.  But we cannot accept the solutions you are attempting to impose.

    In the United States, you have today created a law, the Telecommunications Reform Act, which repudiates your own Constitution and insults the dreams of Jefferson, Washington, Mill, Madison, DeToqueville, and Brandeis. These dreams must now be born anew in us.

    You are terrified of your own children, since they are natives in a world where you will always be immigrants. Because you fear them, you entrust your bureaucracies with the parental responsibilities you are too cowardly to confront yourselves. In our world, all the sentiments and expressions of humanity, from the debasing to the angelic, are parts of a seamless whole, the global conversation of bits. We cannot separate the air that chokes from the air upon which wings beat.

    In China, Germany, France, Russia, Singapore, Italy and the United States, you are trying to ward off the virus of liberty by erecting guard posts at the frontiers of Cyberspace. These may keep out the contagion for a small time, but they will not work in a world that will soon be blanketed in bit-bearing media.

    Your increasingly obsolete information industries would perpetuatethemselves by proposing laws, in America and elsewhere, that claim to own speech itself throughout the world. These laws would declare ideas to be another industrial product, no more noble than pig iron. In our world, whatever the human mind may create can be reproduced and distributed infinitely at no cost. The global conveyance of thought no longer requires your factories to accomplish.

    These increasingly hostile and colonial measures place us in the same position as those previous lovers of freedom and self-determination who had to reject the authorities of distant, uninformed powers. We must declare our virtual selves immune to your sovereignty, even as we continue to consent to your rule over our bodies. We will spread ourselves across the Planet so that no one can arrest our thoughts.

    We will create a civilization of the Mind in Cyberspace. May it be more humane and fair than the world your governments have made before.

    Davos, Switzerland
    February 8, 1996

    ****************************************************************
    John Perry Barlow, Cognitive Dissident
    Co-Founder, Electronic Frontier Foundation

    Home(stead) Page: http://www.eff.org/~barlow

    Message Service: 800/634-3542

    Barlow in Meatspace Today (until Feb 12): Cannes, France
    Hotel Martinez: (33) 92 98 73 00, Fax: (33) 93 39 67 82

    Coming soon to: Amsterdam 2/13-14, Winston-Salem 2/15, San Francisco
    2/16-20, San Jose 2/21, San Francisco 2/21-23, Pinedale, Wyoming

    In Memoriam, Dr. Cynthia Horner and Jerry Garcia

    *****************************************************************

    It is error alone which needs the support of government.  Truth can stand by itself.

                             --Thomas Jefferson, Notes on Virginia

    ここでは,「自由と独立のために闘った英雄たちにたとえている。この愛国主義的な傾向は,同時代のRichard Rortyが指摘する「文化左翼」と呼ぶリベラルな知識人からも隔てた存在である。
    Richard Rorty,"Achieving Our Country : Leftist Thought in Twentieth-Century America", Harvard Univ Press(1999)
    ハッカーたちの政治的な立場は,従来の区分にあわず,「右翼とも左翼とも言えず」「保守とも革新とも言えず」,基本的には,「新たな富の源泉である情報技術=フロンティアの規制なき利用と,その前提での「公正な競争」のみを要求している。
    この要求の裏付けは,「情報技術は価値中立であり,その充実は私たちの「自由」(そこには大富豪になる自由も犯罪者になる自由も含まれるわけだが)を大きくこそすれ,決して脅かすものではない」という強い信念である。
    連邦政府やマイクロソフト社の情報の占有を批判するという点では大衆主義であるが,その占有から身をまもるために計算機についての知識を要求するという点では選良主義だと言える。

    かくして,1990年代に入り,技術至上主義の自由至上主義という「政治的表現」にたどり着く。

    カリフォルニア・イデオロギー:ハッカーたちの「限界」
    彼らの行動は,情報規制や暗号規制に果たしてきた役割は高く評価されるべきである。
    ただし,その両義性(二面性)と技術重視の姿勢が,情報技術革命の正当性やハッカーの優位を主張する野合のイデオロギーに見えたことも確かである。
    この傾向を,英国の研究者の二人(リチャード・バーブルック,アンディ・キャメロン)は「カリフォルニア・イデオロギー」として批判している。彼らは,Cyberlibertarianismのことを,
    新しい情報技術の解放能力に対する深い信仰」のために生じた「ヒッピーたちの奔放な精神とヤッピーたちの企業的野心」の混合物,好況を背景とした流行思想にほかならない。
    と表現するが,その背景には,米国主導の欧州地域(地方)の対抗意識が影を形成している。更に,フランスの「MINITEL」のような国家主導型の情報通信網に将来性を見出しているという問題もある。

    サイバー・リバタリアンの主張は,高度な専門的知識に裏打ちされて初めて説得性があるのだが,技術面での検討なしでは,彼らの主張が「技術の発展が全てを解決する」的な楽観主義とあまり区別できなくなる。
    Linuxの開発者のLinus Torvaldsとその友人が書いた本には,「人類社会を労働のくびきから解放する福音のように説き起こしている」と指摘する。真剣な検討に耐えうるものと考えにくい。

    Pekka Himanen, Linus Torvalds, Manuel Castells  Random House,"The Hacker Ethic", Rnadom House
    技術的批判の限界
    Cyberliberlarismの弱点は別な側面からも指摘する。彼らは規制の不合理性を技術面から指摘するがその態度は規制の正当性を問う前に,規制そのものの実効性をシステムの分析やハッキングによって検証する戦略に短絡してしまうとも指摘する。

    著者の論は,要は,技術が技術を議論する形態が発生し,一般市民にはわかりにくい「雲の上の議論」に陥るということと主張は理解できる。例えば,FBIの情報傍受の「カーニボー」について,EPIC(Electronic Privacy Information Center)がその方法論の情報公開をSource Codeも含めてもとめているなど,主張の弱点が技術が技術の選良の程度を「見抜く」的な議論におちいるとしている(伝統的な左翼的な組織がハッカーの発想でおこなったと説明する)。そのSource Codeを判断できるのがハッカーだけであるなら,政府が安全であると宣言することを鵜呑みにすることと大差がないという主張。専門家依存体質がハッカー論理にあることが「弱点」であると著者は述べる。

    専門家依存の体質は,ドイツのポストモダン社会一般の問題である。ドイツの社会学者Ulrich Beckの1986年の著作「危険酒井」でその様子を「リスク社会」という言葉で特徴付けている。

    現代社会が抱えている問題は,原子力発電にせよ,食品添加物にせよ,市民が直接に知覚できるものではなく「科学や物理の記号の形でしか認識できない」。見えないリスクへの不安が人々を襲うので,現代社会の秩序は「安全性の追求」という新たな価値観を基礎として再編成されることになるとする。
    技術者が,技術を「価値中立的」に評価しても,リスクの大きさは人々の生き方の価値観に依存するので,「技術の価値中立」の考え方は「まやかし」であると著者は説明する。技術者が,体制的でも反体制的でもこの視点は変わらない。
    得られる自由と失われる自由
    1960年代のハッカーたちが予想したように,現代の情報化社会では,国境を越えて検閲なしに情報を発信できる自由がある(Pornoは除く)。
    しかし,この自由は,別のタイプの自由を譲り渡すことで成立しているように著者は感じており意向の連載で指摘することとなる。

    最後に,本連載の口火となったLawrence Lessigの"Code und andere Gesetze des Cyberspace."の最終章を引用している。

    今日,デクラン流(Cyberlibertarianismのこと)があまりに政治的な文化の主流になりすぎているので,それを回避する道が私には見えない。<中略>われわれはY2Kや,プライバシーの喪失や,フィルタリングによる検閲や知的共有地の消失といった,コードが引き起こす災害を,人災ではなく天災として扱うだろう。生まれつつある一望監視方式のアーキテクチャーによって,プライバシーと言論の自由の重要な側面が消されていっても,傍観するだけだろう。そして,現代のジェファソンのように,それは自然がそうしたのだ,というだろう ----- このサイバースペースでは,われわれこそが自然だということも忘れて,社会生活のいろんな領域で,われわれはネットがまるで自分とは関係ないものの産物であるかのようにとらえるようになって来るだろう ----- なにかわれわれが方向付けられないものとして。(一部,著者により訳文を改変)
    授業の問題提起:

    以上は,みんなで授業を通じて,このポストモダン社会(情報化社会)の新しい側面について,東浩紀氏が,氏のこれまでの哲学あるいは社会科学の側面から捉え続けてきた,「問題提起」の根拠である。

    みんなは,東氏のここまでの指摘について,その延長の議論・論考を試みられたい。後段の連載では,東氏はより正確にその「本質」を解き明かす。

    人文学の再起と威信を賭けた論述が待っていると考える。本授業(現代評論を読む」の平成14年度2期の,大きな柱となる論文である。


    中央公論12月号(11月10日発売)

    情報自由論  -- フィルタリングされる自由 --
    掲載頁:pp.264-273
    連載:情報自由論(6回)
    著者:東 浩紀(1971年生;哲学・表象文化論)
    論考の資料:http://www.hirokiazuma.com/

    情報技術の進歩は私たちに自由を与えてくれると同時に,自由を奪うものでもある。・・という発想は,哲学者なら,この逆説は,自由の本質から必然的に発生すると応えるかもしれない。
    この抽象的な哲学者の当然のこたえは,然し,早急な判断を求められている時期に,具体的な検討課題になりつつあるので,抽象論から離れ,詳細に議論・検討をする必要がある。


    住基ネットとユビキタス
    2002年夏の住民基本台帳(住基ネット)の稼動についてマスコミで取り上げられた不安の根拠の一つに,情報漏洩のリスクがある。
    韓国の住民登録証制度,米国の社会保障番号制度は,個人情報の漏洩や売買をもたらし,ときに刑事事件に発展している。住基ネットの運用では,自治体の取り組みの遅れや混乱があり,アナログ的な弱点もさらけ出した。批判に曝されるのは当然である。

    問題は,もっとデジタル化を加速する新事業が出ていることである。

    IYバンク銀行:NTTのドコモの一部の機種と個人認証を行い,ATMの利用を導入する
    携帯電話で認証機能を利用してイベントの入出場を管理する,ぴあの電子チケットサービスが始まる
    JR東日本のICカード(Suica)とクレジットカードの連携が始まる
    KDDIのGPS機能の携帯電話で,利用者の現在位置を測位し,最寄の店舗を知らせる
    個人情報が市場原理に基づいて各所で急速に連結される。個人情報の流れは,消費者には制御できない。

    現在流行の「ユビキタス(ubiquitous)・コンピューティング」の構想は,日常生活の多くの電子機器をネットワークに接続し,利用者に意識せずに位置情報や状態情報を交換させる環境の実現を志向している。
    その実現には,IP/V,6という従来とは比較にならない多数のIP addressを振り分けることで実現が簡単におこなえる。

    多くの市民はその流れを許容している。それは,取り敢えずは国家主義的な監視と関係がないと思われているからである。バイオメトリックス(biometrics)(生物の諸々の情報をdigital化して情報として蓄え処理する技術)やユビキタスは,住基ネットどころの内容ではないのにである。
    担当者もその数が現在と比較にならない。その担当者のモラルへの心配はないのか。ここでは,「官」と「民」の区別をすることも殆ど意味がない。

    我々の置かれている重要な側面
    1)価値の多様化に扇動される諸費社会の層

    2)セキュリティー化に扇動される情報管理の層

    におかれている。21世紀型のポストモダン社会である。この社会では,「多様性の追求」と「管理の強化」は決して矛盾しない。
    「情報管理を徹底し,電子機器のカスタマイズを勧めれば」,「多様で豊かな市民生活」が可能になると信じられている。

    我々が疑うべきは,そのような「信念」そのものではないか。

    ユビキタス・コンピューティングの雄の坂村健は,次のように述べる。

    コンピュータは,低価格化,超小型化,低消費電力化し,身の回りのあらゆるモノの中に入り込み,ネットワークで結ばれるようになる。バッジ,服のボタン,靴の中,眼鏡,時計などの装飾品の中にも入り込むだろう。家には床から壁まで,また家電製品にはもちろん,家庭用品から衣料,食品のパックに至るまでコンピュータが入るだろう。全てのモノがインテリジェント・オブジェクト化しネットワークでつながれることにより,人々を取り巻く環境全体が高度の分散情報処理能力を持つようになる。
    坂村健,「21世紀日本の情報戦略」,岩波書店(2002)
    一部坂村が指摘する社会が実現するだろう。著作権保護や福祉は今よりもはるかに充実するだろう。然し,その同じシステムは,Gilles Deleuze(1925-95)が見通した「管理社会」のインフラそのものであるところが,矛盾である。
    消極的自由と積極的自由
    現代社会での自由の理念が抱える問題を原理に遡って考える。
    英国の政治学者のIsaiah Berlinが半世紀前に指摘した「消極的自由」と「積極的自由」の区別を整理する(著書「自由論」(みすず書房,(1971))で)。
    消極的自由:「他者からの干渉の減少」を意味する。
    積極的自由:「自己支配(の確立)」を意味する。<<Berlinはこの自由の追求は「危険」だとする>>
    「消極的自由は,完全な自己支配,あるゆる影響から解放された「本当の自分」を追い求める試みは,結局のところ,そのような自己支配を可能にしてくれると囁く,怪しげな権威への隷従に繋がってしまいがちだ」と説明する。人間はみな弱く,完全な自己支配など原理的にできない。まさに,その弱みに権威主義者たちはつけ込んでくる。

    大澤貞幸(「<自由>の条件」,群像,連載,1999年1月〜2000年12月)はの自由の概念の2つの準位:

    1)複数の「選択肢」から何かを選ぶ自由:選択肢が増せば増すほどこの種の自由は「大きく」なる。Berlinの「消極的自由」の概念に相当する。
    2)それ以前に,「選ぶことを選ぶかどうか」という「動機」の準位がある。目の前に無数の扉があっても,その中に入る気が起こらなければ,選択肢の多さは「無駄」になる。Berlinの「積極的自由」の概念に相当する。
    大澤の論に従うと,自己支配を確立し,自分の欲望をしっかりと捉えなければ,消極的自由の拡大(他者からの干渉の減少)は何の意味も持たない。消極的自由の価値は,積極的自由の存在を「前提」としていることになる。
    とすると,Berlinの2立併置的な自由の捉え方は,論理的に欠陥があると大澤は批判している。
    (著者は続ける)抽象的であるが極めて「現実性の高い」問題的である。ポストモダン社会は,「規律訓練型権力の弱体化」,「大きな物語の消失」で特徴付けられる。「規範」や「価値の多様化」が推進され,自己決定の理念が行き詰まり「あなたはこれを欲望すべきだ」とは教えることができない。現代社会に生きる人々の条件である。
    大澤は,この種の「第三者の審級の真空状態」は,「自由の条件を根底から脅かす」と指摘する。「インフォームド・コンセント」や「(Internetの)情報の飽和状態」が象徴していると指摘する。
    信頼できる専門家がいなくて自己責任による選択を強いられても「判断停止」に陥るだけである。あまりにも「完全な」「消極的自由」は,「自由の反対物」に変じる。「消極的自由の拡大」がむしろ「自由を窒息」させつつある。
    二つの表現規制
    大澤は,「第三者の審級」(大きな物語)が弱体化し,個人が何をすべきなのかを教えてくれる存在が「退場」しつつあると主張するが,この「退場」が「分散処理の情報管理」によって,別の形で「補われつつある」ことは,留意すべきである。
    「大きな物語」の弱体化は,「リゾーム的」な無秩序を導くのではなく,「複数の小さな物語」を分離しつつ共存させる「より巧みな管理社会の構築」へのつながる。

    Lesigの「CODE」の12章では,Internet上の「表現規制」を可能にする複数の技術系(システム)について比較検討している。
    規制の対象は,

    1)ポルノ(Porno)
      通信品位法(CDA),児童オンライン保護法(COPA),児童インターネット保護法(CIPA)の
        成立,提訴,違憲判決,中止/延期 という泥沼化
    2)(日本)青少年社会環境対策基本法案
    Lessigの表現規制の技術体系(システム)の2分類
    1)Zoning: 法的整備を必要とする
      成人IDを持つ利用者はPorno Siteへの接続を許される
      児童はこのSiteへの接続は許されない
    2)Filterling: 市場原理に基本的に従う
      言論の特性に応じて,情報通信網を「区分」する
      具体的には,このSiteは「何点」,あのSiteは「何点」という配点をする
      Labeling(標識)/Rating(評価)をおこない,利用者の要求に応じて特定のSiteの配信を行う
    Filterlingの具体例
    http://www.nmda.or.jp/enc/rating/
    PICS(the Platform for Internet Content Selection)

    PICSによるFilterlingは2つの過程からなる
      1.SiteをFilteringするためのSoftware
      2.Siteの情報を記した採点表(filter)

    Zoningは法的整備を必要とする
    例えば,児童に対して「何が有害であるか」を判定する「機関」が必要となる。
    Finlteringの危険性:【Lessigの言論のフィルタリングに関する論】【Lessigのゾーニングとフィルタリング】
    一般には,ZoningよりFilteringの方が個人主義と自由主義の個人には受け入れやすいと考えられる。
       しかし,Lessigはこの判断は「危険」だと指摘する。

    Zoningの存在は個人が意識できるが,Filteringは意識できない。

    Zoningの仕組みが存在すると,利用者のID(分類)により,特定のSiteへの接続が「拒否」されたことを「知る」ことができる。(この「知る」ことができることが重要で,接続が拒否された理由を機関に「問い合わせる」ことができる。)

    Filteringでは,評価表(filter)によって接続が制限されていることを利用者は「知る」ことができない。したがって,利用者にとっては(はじめから)「そのようなSite」は「存在しない」こっと「同じ」ことになる。
    勿論,利用者が自分の判断で「評価表」を指定・設定している場合は別である。
    しかし,実際のPICSは,個人の端末,企業や自治体あるいはIPS(Internet Service Provider)などのServer Computerに仕掛けることができる。ここの使用環境でFilteringの使用を「告知」する仕組みは準備されていない。
    結局,Filteringは,「表現規制」の危険性が存在する。(Zoningの方が安全だといえる。)

    Lessigの論は,「情報管理型権力」と「規律訓練方権力」の平衡感覚を見据えたものといえる。

    自由からの逃走:Lessigの著書「CODE」の内容の「複雑で厄介な問題」:Erich Fromm(1900-1980)の「自由からの逃避」に類して
    Filteringの問題は,表現規制だけの問題ではない。秩序原理の問題を含んでいる。

    多様性を賞揚する社会(大澤の「第三者の審級の真空状態」)に我々は生きている。中央集権的なZoningに抵抗感を覚えるのはそのためである。
    Filteringという技術は,「価値中立」であることを主張しているが,多様な規範意識を共存させ,多様な規範意識間の衝突を避けるために技術的解決策として登場する。情報管理型社会での規制一般の「1つの雛形」である。
    Filteringの適用領域は無限に広がっている。個人が触れる言論や表現の領域を「任意の基準」で限定する「汎用」の道具として成長する可能性を持っている。
    しかし,これは,Lessig(に限らず)の非常に危惧する社会状況である。【何故か】

    社会の観点からすると,市民たちが自分に関心のない問題をあっさり無視するようになったらひどいことになる。まさにその市民たちは,まさにそうした問題を処理するためにリーダーを選ばなきゃいけないんだから。
    Filteringが可能にする多様性の共存は,あまり完全に行われると,政治的共同体の崩壊につながる危険性があるからである。

    消極的自由が引き起こす困難な問題の例として,「情報の飽和状態」を大澤は指摘していた。Filteringの技術は,この困難を回避するために考案された。

    それは,個人の自由を狭める規制であり,見方を変えると,消極的自由の領域(選択肢の数)を制約し,「積極的自由(動機)が弱体化」していても「選択が行える」ように個人の自由を支援する装置と捉えることもできる。
    換言すれば,この装置は,「情報の飽和状態」に倦み疲れ,「多様な規範意識」に辟易した個人が,「自らの自由」を取り戻す(逆説的に選択肢を狭める)ために,むしろ,積極的にFilteringに依存する可能性である。
    あまりにも拡大した「消極的自由」はもはや「自由の感覚」をもたない。その結果,消極的自由を制限してくれる(したがって,自由の感覚を覚ましてくれる)「価値中立(一見,思想や心情に無関係)」的な情報処理に急速に依存するのではないだろうか。

    現代版「自由からの逃避」であろう。

    「自由からの逃避」(1941年)Erich Fromm
    前近代的束縛からの解放という過程で,生活の安定を求める基礎と引き換えに「自由」を獲得する。したがって,自由には「孤独と不安」が付きまとっている。そうすると,近代人は,1)「自由の重荷」から逃走して新たな隷属を求めるか,2)「積極的自由の完全な実現」に向かうか,という二者択一の選択が残されている。
    Erich Fromm(1900-1980)(米国の精神心理学者,社会心理学者);ドイツのユダヤ人で学ぶが,1933年にナチスに追われ,米国に亡命し,Chicagoの精神分析研究所に勤務し,1941年に「自由からの逃走」を著す;1949年には,メキシコに移住しメキシコ国立自治大学に勤務の傍ら,「正気の社会」(1955),「愛するということ」(1956),「人間の勝利を求めて」(1961),「疑惑と行動」(1962),「悪について」(1964)などを執筆。

    この間,「社会主義」について:

    「社会主義」は社会主義の対抗文化から学ぶことはあっても,「社会主義」そのものから学ぶものは何もない。社会主義を語る者は,資本主義に組する者や,(もっと悪いことであるが)腐敗した「ソビエト社会主義」から学んでいる者が多い。
    と指摘する。




    中央公論1月号(12月10日発売)

    情報自由論 
    -- データの権力,暗号の倫理 --
    掲載頁:pp.310-319
    連載:情報自由論(7回)
    著者:東 浩紀(1971年生;哲学・表象文化論)
    論考の資料:http://www.hirokiazuma.com/


    【自由と交換される匿名性】
    ポストモダン化が進行し規律訓練型権力が弱体化した社会に生きている。
    中心的な規範や価値観の存在が信じられなくなった社会に生きているということである。
    大量の情報を考慮したうえで,様々な判断を自己責任で下す必要性が求められている社会に生きている。

    消極的自由(選択肢の数;incentive)
    積極的自由(動機付け;motivation)

    選択肢が余りにも多いと,人々を麻痺状態にする:「あまりにも完全な消極的自由は,自由の反対物に変じる」(大澤真幸)
    積極的自由のその空洞化が,いま情報技術への過剰な依存によって補われつつある事態が発生する:連載6回の趣旨

    自由からの逃走:
    あまりに多くの選択肢があり合理的な選択が困難になると,誰かがその選択を肩代わりすることを望む。
    「だれか」は,かっては全体主義者として社会に供給されたことがある。
    今は,しかし,それが,ユーザごとにカスタマイズされ,選択肢をあらかじめ絞り込んでくる「フィルタリング・システム」として,積極的に提供され始めている。新しい,自由からの逃走の形態である。
    ハッカー達は説く: 新しい情報技術は我々の自由を拡大した。
    然し: 同時に積極的自由の困難さに背を向け,主体的判断を棚上げするための材料を提供する。

    セキュリティー(Security)の語源:

    語源: 「配慮がないこと」
    OED:
    security
    I. The condition of being secure.
    1a. The condition of being protected from or not exposed to danger; safety.
    1b. The safety or safeguarding of (the interests of) a state, organization, person, etc., against danger, esp. from espionage or theft; the exercise of measures to this end; (the maintenance of) secrecy about military movements or diplomatic negotiations; in espionage, the maintenance of cover. Hence (with capital initial), a department (in government service, etc.) charged with ensuring this. (This sense tends towards the condition of making secure.)
    2. Freedom from doubt; confidence, assurance. Now chiefly, well-founded confidence, certainty.
    3. Freedom from care, anxiety or apprehension; a feeling of safety or freedom from or absence of danger. Formerly often spec. (now only contextually) culpable absence of anxiety, carelessness.
    4. The quality of being securely fixed or attached, stability, fixity.
    II. A means of being secure.
    現代社会はあまりに多くの「配慮」を求めている。
    クレディット・カードの番号を通知するのに何処まで許すべきなのか
    遺伝子組み換え食品はどこまで安全か
    延命治療はどこまで認められるべきか
    (専門家でなければ判断できない)厄介な問題に出合っている。その問題に直面した市民は,できるだけ「セキュア」(安全)に安楽に配慮なしに生活するため,強力な情報管理のなかに逃げ込もうとしている。

    情報技術の「両義性」が悩ませている:

    情報化は個人の自由を拡大する。あるいは,逆に情報化は管理社会を推進し自由を抑圧する。という「単純な構図」では真実は見えない。
    「情報技術」は,1)「自由も与えもする」が,2)「奪い」もする,そんな存在の「両義性」が我々を悩ませている。


    小売業のハイテク化
    Lesigの言論のフィルタリングは,「あらかじめ選択肢の幅を狭める(不必要な選択肢を排除し,見えなくする)」ようなシステムのれいは珍しくない。書籍販売のAmazonでは,接続すると,接続者のためにカスタマイズされた推薦書籍やCDのリストが表示される。
    この技術的な方法論の背景には,どの端末計算機から接続されたかを認識して行える仕組みである。消費者の選択肢を飛躍的に狭めてくれる(一種のフィルタリングである)。
    フィルタリング(=環境管理)を利用して消費者を誘導する手法は広く浸透している。NYに昨年開店した「プラダ」の商品には「Smart Tag」といわれる小型のChipが取り付けられ,非接触型のスキャナを利用して細かな在庫管理を行っている。
    小売業のハイテク化は,米国で殊に進んでおり,監視カメラと床の圧力センサーを組合せ顧客の「行動様式」を分析して利用している。
      http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20020819205.html
      http://www.hotwired.co.jp/news/news/business/story/20020819106.html
    ubiquitous computingやbiometricsの進歩は,同じ空間であってもユーザの状況に応じて全く異なった環境を演出することを可能とする(一種のフィルタリングである)。
    資格付与カードの出現
    「ユビキタス(ubiquitous)」社会では,細かな電子製品が情報通信網につながって高度な情報化が進む。適切な資格がなければ,扉も開かないし車も動かない環境を作ることは容易である。
    「徘徊老人」の把握に利用されている。この技術はセキュリティーの目的にも利用できる。特定の電子製品を所持しない人を排除することは簡単である。2003年に「住民基本台帳カード」が配布されることが予定されている。
      住民基本カードに記載される情報は,「住所,氏名,生年月日などの6種類」である。将来は商店街のポイントも利用が似とめられる予定といわれている。
    英国政府の「IDカード」構想は,個人のBiometrics Dataを含み,「Entitlement Card」と呼ばれている(現在は野党や人権団体から反対が強い)。
    「IDカード」は,市民の義務を押し付け規範からの逸脱を防止する硬直した手段ではなく,「民間と行政を問わず」,様々な「サービス」へアクセスする「資格」を付与する「柔軟で高機能な会員カード」のように機能する。したがって,それを「有効に批判し,制限すること」が「困難」である。 「多様性」や「自由」が「個人情報との交換で提供」されるという「基本原理」があることを認識する必要がある
    「電子政府推進に必要」,「国民総背番号制が気持ち悪い」,という「次元」で論じられる問題ではない。
    社会的な欠落を技術的に埋める
    「情報化とセキュリティ化が交差するところ」には「環境管理型権力」が立ち上がりつつあり,現代社会で「工学と政治が短絡してしまう」のは,そこで社会的な欠落 (第三者の審級の真空状態)が技術的に埋められ始めているからなのだ。(著者)

    規範意識や価値観の多様性を賞揚しつつ,社会を解体させないやめの唯一の方策であるように見える(情報管理の層と多様性の層の共存)。情報装置への過剰な依存の流れは,情報管理と結びつくが,決して強要されたものではない。
    かって,自由の拡大を支援するものだと考えられてきた情報技術が,急速に権力の基盤として浮上しつつある「矛盾」は,時代の必然性に基づく。
    したがって,「権力」と「自由」の対峙関係では論じられない。

    このことについて,考えておく必要がある。

    筆者は,「自由」を暗黙裡に支えていた重要な性質が「抜け落ちている」と指摘する。

    匿名性の喪失
    正義の二原理(John Rawls; Harvard大学哲学科教授)
    [第一原理]人は平等な基本的諸権利・諸自由が保障される「適正な制度の枠組み」を求める正当な資格を等しく有している。
    [第二原理]社会的・経済的不平等は以下の二条件があるときにいえる:
       1)公正な機会均等の下で,全員に開放された職務や地位に結びついた不平等
       2)社会でもっとも不遇な成員の最大の便益に資するような不平等

    人間は互いの財産や能力について十分な情報を持たないからこそ,自身に不利になりえる原理に同意することができる。換言すれば,人は「互いに匿名的な存在であるからこそ,互いの自由を尊重する」ことができる。

    この匿名性を放棄すること(「無知のヴェール」)を自ら引き上げることで,環境管理型社会の自由が得られる。そうすれば,ポストモダン化された世界で(自身の資格に見合った範囲で)「存分」に自由に振舞えることができるとするのが,現代社会の基本原理である。

    Lesigの「Zoning」と「Filtering」の対置では,Zoningは「法的整備」を必要とするが,「Filtering」は「Architecture」の中に完全に組み込むことができる。Zoningでは「選別の概念」が伴うが,Folteringでは意識されない。
     

    Gilles Deleuze(1925-95): ポスト構造主義(フランスで起こった「構造主義」に対峙する哲学)を代表するフランスの哲学者
    Jacques Derrida(1930-)(哲学者)やFe(')lix Guattari(1930-92)(フランスの精神科医)などと共同研究を推進した。
    それまでの一世を風靡していた実存主義(Existentialism)は,「意識」や「自我」を,伝統的な形而上学で規定していることを前提としているとして「批判」して,「構造が人間を規定する」と考えた「構造主義」に発展するが,「構造」に付随する「同一性」を注視し(却って)「差異」を注視するという立場をとる。
    構造主義(Sturucturelism):
    Claude Gustave Le(')vi-Strauss(1908-)(フランスの人類学者)が,社会人類学において構造主義的研究をはじめて推進したもので,(現実のものを)「個々の部分のたんなる総和ではなく,構成要素の変化がただちに全体に変化を来たすような諸関係の全体」であると捉え,多くの分野の研究者に影響を与えた。
    ジル・ドゥルーズは,既に10年以前に「適法であろうとなかろうと,個人の位置を割り出し,普遍的な転調を行うコンピュータなのである」(「記号と事件」)という指摘をしている。社会的フィルタリングに通じる論考である。
    統計的かつ記名的な権力
    ジル・ドゥルーズは更に,「規律訓練方社会」には,「個人」と「群れ」という二極があるが,「管理社会」ではその二極が消滅すると指摘している。
    著者は,この指摘を「権力と「記名性/匿名性」の関係について述べたものと考える。

    Michel Foucaul(1926-84)(フランスの構造主義の哲学者)は,構造主義の大物であるが,その晩年には,

    西洋社会が「生・権力(ビオ・プボワール)」という新種の「権力」を発展させる傾向のあることを指摘する。
    即ち,従来の伝統的な「権威」の概念では捉え切れない「新しい管理・制度」で,この「権力」は抑圧的であるよりも寧ろ「生活を向上させる」ようなものであると考えた。
    本論文ではこのことに触れている。

    著者は,このことに関連して,

    規律訓練型権力は,「記名的」な「個人の形成」にかかわり,一人一人の「内面」に関わる権力である。
    (現在の萌芽的な)管理型権力は,「匿名的」で「統計的」な「群れ」の「統御」を行う。内面には踏み込まない。人間をふぉウ物のように扱う権力である。
    とし,フーコーの図式(上述)をひいて,ジル・ドゥルーズは,規律訓練の凋落と管理型権力の広がり(浸透)のなかで,「個人(記名的で個別介入)」と「群れ(匿名的で統計的な操作)」への2つの権力の二極性が消滅しつつあると指摘する。

    そして,その結果,「統計的であるにもかかわらず,然し,記名的で個別的な権力(情報管理の枠組みでの多様性や自由を許容する権力)」が問題であると指摘する。

    Zoningの権力:

    障壁で分割する。地理的な空間を,階級や人種や職種などの条件で幾つかの領域に分割する。
    「群れ」を作り,人々を制御する権力。
    Filterningの権力:
    一人一人の個人情報に基づいて,同じ社会空間を全く異なった環境に分割する。構成員は同じ場所で生活するが,利用可能な公共財やサービスは異なる。個人は個人のまま統計的に制御される。
    2つの権力の二極性が消滅する「環境管理社会」は,そうした多層的で柔軟な構造を持っている。

    同じ特徴はメディアの質的な変化としても捉えられる。
    ラジオやテレビの視聴者は「群れ」を形成している。彼らは「匿名的」で集団的にしか把握されない。
    インターネットの利用者は,いかにその数が多くとも,特定のIPアドレスを発信している(これを手掛かりにその履歴が原理的に追跡できる)。

    今,匿名性の価値が再考されねばならないのは,こうした論考の下での著者の主張である。


    本連載のここまでの整理


    中央公論3月号(2月10日発売)

    情報自由論 
    -- 断片化すし増殖する個人情報 --
    掲載頁:pp.284-293
    連載:情報自由論(8回)
    著者:東 浩紀(1971年生;哲学・表象文化論)
    論考の資料:http://www.hirokiazuma.com/
    プライバシーとは何か
    個人情報のたえざる発信行為で日常生活が支えられている:
    携帯電話
    クレジットカード
    ATM(automatic teller machine)の利用履歴
    防犯カメラに移る肖像
    Suica/ETCが把握できる移動情報
    ISP(internet service provider)への接続記録
    データ・シャドウ(data shadow:個人データで記述された個人の分身/影武者)は,個人の意志とは無関係に処理され売買されている。

    行政,民間を問わず,現代社会のインフラそのものであるといえるが,その急激な拡大は市民の多くを不安に陥らせている。

    プライバシーについて,考える。

    言葉の歴史は,技術の発達と深く関係している。
    1890年:米国で「ひとりにしておいてもらう権利」として提案され,その後,数十年かけて確立された基本的人権に関する概念である。

    その提案の背景には,イエロージャーナリズムや映画産業の発達があったといわれている。
    1960年代のメインフレーム計算機が実用化され,大量のデータ処理が可能になる中で,新しい解釈のもとで注目を集めることとなる。

    1967年:法学者アラン・ウェスティンは,プライバシーの権利を,
    個人,グループ,または,組織が,自己に関する情報を,何時,どのように,また,どの程度他人に伝えるかを自ら決定できる権利
    として再定義し,gy正規間や信用調査機関の情報収集に一定の歯止めをかけようと試みた。
    ウェスティンのこの定義は,徐々に広がり,
    1974年:米国の「プライバシー法」をはじめ,欧州で次々に制定された「データ法」に大きな影響を与えている。
    プライバシーの消極的定義から,積極的な定義への移行
    技術の発達とともに変化した移行
    1890年代は,情報環境のもとで守られるべきものが現実の生活でしかなかったが,1967年以降は,現実世界から離れた電子化された自己の分身(shadow)にまで範囲を拡大したことになる。

    プライバシーの権利を「自己情報管理権」と捉え,市場や行政の行き過ぎを押さえようとする考え方は,十分に活きている。
    プライバシー保護の観点からの異論/嫌悪感:
    「民間企業の顧客情報管理」への不安
    「住基ネット」への反対意見
    「2ちゃんねる」のような匿名掲示板への嫌悪感
    こうした不快感への具体的な足がかりとして,「プライバシー」の強調は未だ有効であろうと考えている。

    問題もある。情報通信に詳しい池田信夫(URL://www.hotwired.co.jp/bitliteracy/ikeda/index.html)は,「限界」のあることを指摘している。
    自己情報の完全管理という理念は,実現不可能になってしまっているからである。
    データ・シャドウの断片化
    プライバシーは,新聞や映画の出現に促されて形成された20世紀的な概念である。

    技術的な条件やメディアの様態が変われば,その内容も変化するものと言わざるをえない。
    1960年代の技術の進展はその定義をかえている。
    1990年代では,ある意味で,1960年代と同じくらいの規模の変化が生じた。
    小型化,Internet,モバイル化,通信網,ユビキタス,個人情報の質と量
    1980年代,個人情報が「情報化論」のなかで議論されたが,行政,金融機関,名簿業者が集中管理する「文字情報」が対象としての議論であった。
    堀部政男,「プライバシーと高度情報化社会」,岩波書店(1988)
    現在のように,個人情報が通信網を通じて流通する状況への考察は不十分であった。企業組織間の流通に触れていても,個人間の流通は想定されていない。
    限定された情報網の中で,明確な目的意識をもった組織によって取り引きされるという構図からの議論であった。この場合,管理される個人情報をその所有者に差し戻すという発想がまだ意味を持っていた。

    現状は大きく異なっている。【その一】
    1)個人情報の収集があまりにも緻密になったことで,プライバシーのおよぶ境界が曖昧になったこと。
    監視カメラ:
    コンビニ,ATM,商店街などに無数に配置された監視カメラ
    画像解析と顔認証の技術が向上し,画像が蓄積されたDB(database)化
    監視カメラで捕えられた顔画像と従来の個人情報の連動化
    自己情報の管理の理想:
    監視カメラの設置/管理者に撮影画像を提出させ,利用方法や目的を開示させる権利が求められるが,その権利は(特にk)望まれていない。
    社会の人間:
    ストーカー行為や盗撮行為には敏感でも,監視カメラには「(恐ろしく)寛容」である。
    2)我々が,自己の情報の断片化が進行して,加えて技術の進展に人間の感覚が追い付いてゆけないこと。
    自己の個人情報とは何であるのかを認識できない。
    監視カメラの画像は,個人の断片情報である。同様に住所や年収や電話番号や車の登録番号や学生証,等々(多数)は,個人んお断片化された情報で,それらだけでは大した情報ではないと一般的には考えられ,気にとめない(寛容)。
    しかし,技術の進展は,これらの断片化された情報が「再構成」され,完全に近い「個人情報」を提供する可能性があることを認識できない。
    1960年代の「Data Shadow」は,「個人の私生活を全体的に指定」するものであった。
    1990年代の「Data Shadow」は,「個人の私生活の断片」になっている。
    自己情報管理権
    現状は大きく異なっている。【その二】
    Internet (WWW)の登場による,
    ●「個人情報の分散」と「増殖」
    現在のプライバシーに関する「最大の脅威」は,行政や組織による目的外利用というより,むしろ「Internet」である。

    「匿名掲示板」に投稿されたことがきっかけになり,企業等の情報漏洩が話題になっている。
    Internetの情報網には,住所,電話番号,本人の写真,盗撮画像,等々,本人の同意に基づかない個人情報(断片化された)が,しばしば,誹謗中傷と結びつき「大量」に流通している。

    最大の脅威は,この種の「無秩序への不安」であり,急速に高まっている。

    「2ちゃんねる」(匿名掲示板の代表)は,本年から「(接続先の)IP Address」を記録しはじめている。
    この方針変更は,都内の動物病院から損害賠償と発言削除を求めた起こされた訴訟が背景である。平成14年6月の東京地裁で敗訴し,12月の東京高裁で控訴が棄却された事態を受けてたものである。
    東京地裁の判決の趣旨:
    匿名掲示板の管理者に,発言者が追跡できない場合,その発言の公共性や真実性の立証責任を負わせるという趣旨である。
    Internetの本質:
    あらゆる種類の情報が,
    1.複製され,
    2.分散し,
    3.流通
    され続ける。
    その発信源を消滅させても,どこかの計算機に残されている限り,常に復活の可能性を秘めている。
    P2P(pear-to-pear)のファイル交換ソフト:
    NAPSTAR; WinMX; Winny, etc.
    接続業者の計算機が監視され,匿名掲示板が消滅しても,Internetの構造そのものが,「不法な情報交換」を許してしまう。

    自己情報管理という理想とは相容れない最悪の状況と指摘できる。

    であるならば

    「プライバシー権の強化によってしか対抗できない」という考えが浮上する。←複雑である!

    Internetは個人情報に満ちあふれている。人は,積極的にこの状況に「加担」している。
    日本のInternetの特徴:
    ○多数の「日記サイト」,その相互Link
      これらは,恐ろしく大量の個人情報をばらまいている。
    症例検討(架空):
    ○症例1
    1.女子児童が自身の写真を掲載しているWeb Siteがある
    2.そのSiteが,小児性愛者の注目をあつめ,掲示板でやり取りされている
    3.児童の保護者が掲示板の管理者に名前や顔写真の削除を求める
     ⇒当然の権利として捉えられよう。
    ○症例2
    1.成年男性がWeb Siteを開設し,自己紹介と日記を掲載していた
    2.暇を持て余すネット利用者の注目を集め,名前とともに匿名掲示板でネタになる
     ⇒当然の権利として「削除」を求める権利を認めるべきか?
    症例2の場合,実は,各人に一種の「検閲権」を与えることに等しい。
    Internetは「情報交換の場」と同時に,「表現の場」でもあり,様々な意見や思想に満ちている。
    Internet上での無数の当該個人の私的な発言を全て「個人情報」と捉えその所有権を主張することには無理がある。(Internetの言論が委縮してしまうからである)

    症例1と症例2との「線引き」はどこにあるのか?あるいは存在するのか?
    消えることのないウェブサイト
    キャッシュ(cash memory)の問題もある。
    Internetの本質は,「全ての情報が複製」されることにある。
    BrowserでWeb Pageを見ることは,Dataを受け取り,端末計算機の中で「再構成」して「複製」することである。
    ある個人が誹謗中傷に耐えかね,閉鎖しても,当該個人の意志とは別に,どこかの計算機にもとのDataが保存され,公開され続ける可能性が存在する。どこかの計算機のことを「Miror Site」という。(「2ちゃんねる」で削除されたものが「曝露され」続けた例がある)
    Googleなどを利用した経験があれば,検索結果が,PageへのLinkのほかに「キャッシュ」というべつのLinkがあることを認識しているだろう。
    キャッシュを大規模に行っているのが,「Internet Archive」が2001年10月に公開した「Wayback Machine」である。(http://www.archive.ofrg/)
    1996年設立のNPOで,検索利便提供企業や米国議会図書館などの協力で,設立以後に公開された膨大な量のWeb Pageを自動的に収集して保管している。

    このDBは総合的な通信接続図書館の一部として構想され,主に研究者や歴史かの利用を前提としているが,その複製の存在をプライバシーの侵害と感じることもあり得るだろう。

    Internet Archiveの場合は,その自動巡回のData収集から外すこともできる(特定のファイルをサーバに置く)し,事務局に連絡すれば,過去の複製を削除もできる。
    注意を要するのは,一度個人情報を公開すれば,Internetに接続されている組織と個人の計算機のあらゆる場所に複製/保存されるという事実である。そして,拡散し,完全な管理は不可能になるという不可避の条件である。

    この条件下で,完全な個人情報の管理を目指せば,類似の例から容易に推測できるように,「極めて強い『執行力』」が必要になる。
    著作権の完全な管理:
    1.著作権の完全管理を目指し,P2Pの出現に対処するために,米国で,Hackingの合法化法案も検討されている。
    P2P Privacy Prevention Actが米国の下院に2002年7月に提出された。反対意見が多く,修正作業中である。
    ZD Net News:http://zdnet.co.jp/news/0212/special_copyleft.html#1
    21世紀の自己情報管理権は,その定義を「文字どおり」に適応すると,行政機関や信用調査機関に自己情報の開示を請求し,誤りを訂正し,利用目的を決定する「当たり前の権利」から遠く隔たった「怪物的な権利」に変化する。
    新しいプライバシー
    プライバシー権を自己情報管理権として捉える考えは,
     個人情報の質的・量的変化
    質的変化:
     ubiquitous化に伴う,情報の断片化
    量的変化:
     通信情報網に伴う,情報の増殖
    により,危機を迎えている。

    即ち,プライバシーの「概念への危機」である。(プライバシーの危機というよりも)

    現在の社会は,「個人情報」をその所有者が「管理し続ける」ことを許さない状況にある。
    所有者の多くもそのような管理を望まない。
    第6回までの「ポストモダン社会」の特徴である。
    情報管理の層と情報の多様性の層が「並列」し,「消極的自由」が「個人情報」と交換で買われるという条件の一つの現れである。
    「情報化社会では,原理的にプライバシーなどは存在しない。そのようなものは不要である。」と主張する論者もいる。
    この主張は,心理の一端は指摘しているが,政策には何の影響もない。
    それより,今求められていることは,ubiquitousな情報環境の到来を現認したうえでの
    1.「新しいプライバシー」の実現を模索する実践的な議論である。
    2.Lawrence Lessigは,
       プライバシー権を強化し。
       個人情報を「財産」(所有物)と定義し,
       収集の前に所有者との交渉を義務づけること
    を提案している。ただし,実際には日常生活を満たす監視状況下で逐一契約を交わす余裕はないので,その実装は,機械に頼ることとなる。
    「自己情報管理権」を主張し,一旦ネットワークに入った情報は管理の手段がないので,「入り口」で規制する以外にないと考える立場である。
    利用者は,あらかじめ,どのような利用までなら許容できるかを電子機器に指示を与えておくとその後は収集側の機器と交渉して実現する手法である。
    Lessig,CODE,2000;「インターネットの合法・違法・プライバシー」,山形他訳,SHOEISHA,2002

    東は,この機械に頼る「指示」にも限界があることを指摘している。(駅の保安目的のための監視カメラの画像が保安目的以外に利用されていても,駅を利用する人が簡単には鉄道路線を変更できない)
    東は,法律や技術的な視座からの議論ではなく,「人文的な視座」から「匿名性」の概念を再考する。
    匿名性とプライバシー
    匿名性とプライバシーの両者は伝統的には「切り離せない」ものと考えられてきた。

    監視カメラの存在がプライバシーの侵害にあたると感じられるのは,それが,「私的な行動を具体的に侵害する」からではなく,「誰が何時何処でどんな服装でどのような行動をしたのか,全ての情報が記録され,記名化される」からである。

    市民団体は,ダイレクト・マーケッティングの緻密化に注意を払ってきたのは,「(その場所で)消費者の『匿名性』が失われてしまう」からである。
    しかし,この感覚は,この十年間で明らかに弱体化している。
    電子決済:
    クレジット・カードで支払いをした瞬間に,膨大な情報が民間企業に蓄積され続けている。そして,我々の多くは,Internetで便利になったのだから,このような匿名性が失われる状況は「仕方がない」と思っている。

    (本当は)電子決済の上記の問題は避けられた:
    1990年代後半に,Davit Chaum(ダフィット・チャウム)が構想した電子貨幣(e-cach)は,匿名的な商取り引きを通信情報網下で実現し,小額決済まで行える機能体系(System)であるが,e-cashは市場に受け入れられず,Chaumの設立したDigiCash社は1998年に倒産し,その特許も売却された。
    受け入れられなかった理由に,脱税,通貨洗浄を警戒する法規制が障害になったと言われているが,最大の理由は,「消費者が匿名性の『価値』に対して鈍感」であった事であろう。

    Chaumのe-cashの動機:
    「安全だかプライバシーのないもの」になることの危惧が開発の動機であった。そして,その危惧が今現実になっている。
    多くの人は,それがプライバシーの危機であると感じていない。
    Davit Chaum, "Achieving Electric Privacy", (1992)
    http://www.eff.org/Privacy/Crypto/Digital_money/chaum_privacy_id.article
    「WIRED」,スティーブン・レヴィ;(翻訳)「電子マネーが世界を変える」;「WIRED」no.3,同朋舎出版(1995)
    変化する概念地図
    匿名性とプライバシーを結び付ける概念が弱体化する中で,匿名性の問題は,今では「別な文脈」で議論されている。
    9.11以降,米国の「テロ対策法」,欧州の「サイバー犯罪条約」の整備:
    情報技術の匿名性を,安全な社会に対する脅威と捉える発想が「一般化」している。
    安全(Security)には市民のプライバシーも含まれる。
    テロの危険は関心を集めていないが,Internetや携帯電話の匿名性は,個人情報の拡散を許し,市民のプライバシーを脅かす元凶だと考えはじめられている。(匿名掲示板,出会い系サイト,ネット・オークションなどの危険性の報道は取り上げられている)

    こうした,日本の報道に見られる匿名性は,表面的で擬似的なものである。
    匿名掲示板や出会い系サイトの利用者は,「匿名」であると信じているが,多くの場合「特定が可能」である。
    平成14年5月に起きた,「2ちゃんねる」の「ネコ虐殺実況中継」事件の当事者は直ちに逮捕された。

    普通の人が単純に考える上述のような匿名性は,通信情報網での匿名性は,暗号により,数学的に技術的に守られ,クラッカーやテロリストの温床になりかねない(とされている)「深刻な匿名性」とは次元が異なる。
    匿名性に対する日本の騒ぎ方は本質的な問題ではないことが指摘できるが,逆に,そのような現状にこと本質があると考えることができる。
    今の日本では,クラッカーが利用するような技術的な匿名性には無関心であり,寧ろ,出会い系のような擬似的な匿名性にこと厳しくなっている。

    「自分が匿名になれたと感じること」こそが犯罪の温床であると考えられているからである。匿名性は,技術的なものとしてではなく,社会学的で心理学的な問題として感じられているのが現状である。
    この感覚は,比較的新しい。
    プリペイド携帯電話の購入:
    身分証明書の提示が義務づけられている。
    この制度は,犯罪防止のために不可欠であると考えられているが,郵便には該当する義務がない。郵便物は誰でも匿名で発送できて,投函場所すら完全には特定できない。
    他方,郵便には,プリペイド携帯電話の購入に要求されている義務はないし,改善を指摘する意見もない。
    我々は,ついこの間まで,郵便制度のような常識の中に暮らしていた。
    我々の社会は,匿名性の危険(rsik)に対して極めて鈍感であった。
    いまは,その匿名性の縮減が望まれている。

    この状況は,匿名性とプライバシーが異なった原理(次元)で論じられつつあることを示している。
    よく考えると,匿名性とプライバシーは,対立する概念かも知れない。

    カナダのDavid Rian(社会学者)は,「米国では,プライバシーへの欲望が監視の高まりを促している」と表現している。
    デイビッド・ライアン,「監視社会」,青土社,2002年,p.48
    プライバシーに対する情熱は,個人情報の散逸に対する怖れであり,現代社会では,
     匿名の敵という鏡に反射して,
     逆に,
    自分達の間の無限の相互監視を生み出してしまう。

    セキュリティーが台頭し,匿名性とプライバシーの結びつきが解体された後,
     今度は,
    プライバシーとセキュリティーが結びつき,
    匿名性と対抗するような構図が誕生しつつある。